台風とハリケーンとサイクロンの違いってなに?

気象

こんにちは!のぶやんです。

今回は、台風とハリケーンとサイクロンの違いについて解説していきます。

のぶやん
のぶやん

僕の簡単なプロフィールです。

  • 気象予報士
  • 家族だんらんが好き

[ad]

台風とハリケーンとサイクロンの違いとは?

台風とハリケーンとサイクロンってありますが違いはなんなのでしょう?

台風は、気象庁によると「北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速がおよそ17m/s以上の熱帯低気圧」としています。

ハリケーンは、世界気象機関(WMO)によれば「東経180度より東側の太平洋や大西洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約33メートル以上の熱帯低気圧」と定義されています。

サイクロンはインド洋、ベンガル湾、アラビア海、南太平洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約17メートル以上になった熱帯低気圧をサイクロンといいます。

ざっくりいうと台風は日本付近、ハリケーンはアメリカ付近、サイクロンはインド付近と南半球とにできて、地域がちがうだけでどれも熱帯低気圧になります。

熱帯低気圧の発生場所によって名前が異なるってことですね。

表示するとこんな感じです。

台風とサイクロンが最大風速17メートル以上、ハリケーンが最大風速約33メートル以上とハリケーンだけ風の強さの基準が高くなっています。

名前発生場所風の強さ
台風北太平洋または南シナ海最大風速約17メートル以上~
ハリケーン東経180度より東側の太平洋や大西洋最大風速約33メートル以上~
サイクロンインド洋・ベンガル湾、アラビア海、南太平洋最大風速約17メートル以上~

また、発生場所を図にするとこんな感じになります。

熱帯低気圧は北半球では反時計回り・南半球だと時計回り

台風とハリケーン、サイクロンの違いが分かったところで、北半球でできる熱帯低気圧と、南半球でできる熱帯低気圧の回転が異なってくるので紹介しておきます。

北半球でできる熱帯低気圧は反時計回りです。

北半球では、台風・ハリケーン・サイクロンが発生します。

画像でみるとしっかり反時計回りになっているのがわかります。

続いて南半球の熱帯低気圧だと時計回りの回転をしています。

南半球だとサイクロンになりますね。

動画をみてみましょう。

僕たちは北半球生活しているので反時計回りなの見慣れていますが、南半球の時計回りのをみると不思議な感じがしますね。

北半球で反時計回り、南半球で時計

回りになるのは地球の自転の影響(コリオリの力)のためです。

まとめ

今回の内容についてまとめました。

まとめ
  • 台風は、北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速がおよそ17m/s以上の熱帯低気圧
  • ハリケーンは東経180度より東側の太平洋や大西洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約33メートル以上の熱帯低気圧
  • サイクロンは、インド洋、ベンガル湾、アラビア海、南太平洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約17メートル以上になった熱帯低気圧
  • 台風もハリケーンもサイクロンも発生場所が違うだけですべて熱帯低気圧のこと

以上が、台風とハリケーンとサイクロンの違いってなに?でした。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました