台風とハリケーンはどっちが強い?違いは何?

気象

こんにちは!のぶやんです。

今回は、台風とハリケーンではどっちが強いのか?

それから台風とハリケーンの違いについて解説していきます。

のぶやん
のぶやん

僕の簡単なプロフィールです。

  • 気象予報士
  • 家族だんらんが好き

[ad]

台風とハリケーンの違い

台風とハリケーンの違いはなんなのでしょうか?

台風について気象庁では「北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s以上の熱帯低気圧」としています。

一方、ハリケーンについては世界気象機関(WMO)によれば「東経180度より東側の太平洋や大西洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約33メートル以上の熱帯低気圧」と定義されています。

ざっくりいうと台風は日本付近、ハリケーンはアメリカ付近にできるもので地域がちがうだけでどちらも熱帯低気圧になります。

ちなみに、インド洋、ベンガル湾、アラビア海、南インド洋、南太平洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約17メートル以上になった熱帯低気圧をサイクロンといい、サイクロンも台風やハリケーンと同じく熱帯低気圧です。

発生場所を図にするとこんな感じになります。

台風とハリケーンの強さの基準

台風とハリケーンの強さの基準をみていきましょう。

先ほど説明したように、台風とハリケーンは発生する地域によって名称が異なるだけで熱帯低気圧あることは同じでした。

台風とハリケーンでは強さの表現が違います。

台風の強さの表現については気象庁では台風の最大風速によって「強い」「非常に強い」「猛烈な」と表現しています。

表現と風の強さについてはこんな感じです。

階級最大風速(10分間平均)
強い33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な54m/s(105ノット)以上

ちなみに、気象庁では風速15メートルの半径の大きさに応じて台風の大きさの表現を「大型」「超大型」としたりします。

階級風速15m/s以上の半径
大型(大きい)500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい)800km以上

一方、ハリケーンについては、アメリカでは中心付近の最大風速と中心気圧によってハリケーンを5つのカテゴリーに分類しています。

カテゴリー最大風速(1分間平均)
33~42メートル
43~49メートル
50~58メートル
59~60メートル
60メートル

台風だと「猛烈な」台風、ハリケーンだとカテゴリー5が分類的に一番強いものとなります。

台風とハリケーンだとどっちが強い?

台風とハリケーンだとどっちが強いのでしょうか?

先ほどの台風とハリケーンの強さの基準をみていきましたが、台風が最大風速が17メートル以上の熱帯低気圧を台風というのに対して、ハリケーンは最大風速33メートル以上の熱帯低気圧をハリケーンというので台風とハリケーン下限を比較するとハリケーンの方が強いということになります。

では、台風とハリケーンの最強クラスで強いのはどちらかをみていきましょう。

台風のなかで一番ひどかったのは、昭和の3大台風のひとつとされる「伊勢湾台風」です。

この台風は、人的・物的に被害が気象庁が発足した明治時代から現在までで最悪の台風とされています。

中心気圧が日本に上陸した時には、929.5hpa、伊良湖(愛知県渥美町)で最大風速45.4メートルを観測しています。

海上では中心気圧は895hpa、最大風速が75~85メートルとされていて「猛烈な」台風でした。

ちなみに、現在の台風を要因とする特別警報を発表する際の基準にもなっていて伊勢湾台風級の台風や同程度の温帯低気圧が来襲する場合に、特別警報を発表することになっています。

基準になるなんて、現在にまで影響を及ぼすような台風だったことがわかるかと思います。

一方アメリカの場合だと、近年だと2005年にアメリカに襲来したハリケーンカトリーナになります。

こちらも人的被害や物的被害が近年では最悪なものとなり、中心気圧は最も低い時で902hpaとされていて、カテゴリー5に分類されています。

アメリカの中でも特にニューオーリンズは被害が大きくて堤防が決壊した結果、市内の陸上面積の8割が水没しています。

下の写真もその時のニューオーリンズの写真です。

伊勢湾台風・ハリケーンカトリーナを台風とハリケーンの代表としてもってきましたが、強さとしてはどちらも最強クラスといってよくて、国レベルで大きな災害が起きることになります。

ってことで最強クラスになれば台風もハリケーンも強さは同等といっていいでしょう。

まとめ

今回の内容についてまとめました。

まとめ
  • 台風は北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち最大風速がおよそ17m/s以上の熱帯低気圧のこと
  • ハリケーンは東経180度より東側の太平洋や大西洋で発生した熱帯低気圧のうち最大風速約33メートル以上の熱帯低気圧のこと
  • 台風もハリケーンも発生場所が違うだけでどっちも熱帯低気圧
  • 台風もハリケーンも最強クラスになれば、国レベルで大きな災害が起きるくらいの同等の強さ

以上が、台風とハリケーンはどっちが強い?違いは何?でした。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました