快晴・晴れ・晴天の違いを解説します

気象

こんにちは!のぶやんです。

快晴・晴れ・晴天という言葉がありますが、この言葉の違いについて解説していきます。

のぶやん
のぶやん

僕の簡単なプロフィールです。

  • 気象予報士(福岡)
  • 家族だんらんが好き

[ad]

快晴とは?

「快晴」について解説していきます。

気象庁が目視観測していますが、観測した時にその時の天気を15種類のうちから決めています。

気象庁の資料によると15種類の天気こんな感じです。

天気番号記号天気説明
1快晴の記号快晴雲量が1以下
2晴の記号雲量が2以上8以下
3薄曇の記号薄曇雲量が9以上で,巻雲,巻積雲,巻層雲が見かけ上最も多い状態
4曇の記号雲量が9以上で,高積雲,高層雲,乱層雲,層積雲,層雲積雲,積乱雲 が見かけ上最も多い状態
5煙霧の記号煙霧煙霧,ちり煙霧,黄砂,煙,降灰があって,そのため視程が1㎞未満になっている状態又は視程が1㎞以上であって全天がおおわれている状態
6砂じん嵐の記号砂じん嵐砂じんあらしがあって,そのため視程が1㎞未満になっている状態
7高い地ふぶきの記号地ふぶき高い地ふぶきがあって,そのため視程が1㎞未満になっている状態
8霧の記号霧又は氷霧があって,そのため視程が1㎞未満になっている状態
9霧雨の記号霧雨霧雨が降っている状態
10雨の記号雨が降っている状態
11みぞれの記号みぞれみぞれが降っている状態
12雪の記号雪,霧雪又は細氷が降っている状態
13あられの記号あられ雪あられ,氷あられ又は凍雨が降っている状態
14ひょうの記号ひょうひょうが降っている状態
15雷の記号観測時刻の前10分間に雷電又は雷鳴があった状態

この天気の種類の1つが「快晴」になります。

雲量が10分雲量のうち1以下のときに天気を「快晴」とするのです。

雲もほとんどなくてめっちゃ天気が青空が広がっている時ですかねえ。

晴れとは?

続いて「晴れ」について解説していきましょう。

さきほどの天気種類一覧をみるとわかりますが、「快晴」と同じく晴れも気象庁が目視観測をして天気を決めるときの天気15種類のひとつになります。

雲量が10分雲量のうち2以上8以下のときの天気を「晴れ」とします。

多い時は雲量が8と雲が多くても晴れってことなります。

それでも青空は割と見えてるんでしょうね。

晴天とは?

最後に、「晴天」について解説していきます。

「晴天」は、「快晴」や「晴れ」と違って天気の種類の中にはありません。

「晴天」については気象庁の用語説明をみてみると明確な定義は書いていませんでした。

定義はないけど、備考としてこんな説明がありました。

音声伝達では「晴れ」、「晴れの天気」などを用いる。

晴天を言葉で伝えるときには晴れの天気など用いるって書いてあります。

天気予報での晴れの予報の意味だと、快晴も晴れも含んでいます。

なので、晴れや快晴くらいのいい天気だったら「晴天だなあ」ってその人が思ったんなら晴天としてよさそうです。

まとめ

今回の内容についてまとめました。

まとめ
  • 快晴とは、雲量が10分雲量のうち1以下のときの天気
  • 晴れとは、雲量が10分雲量のうち2以上8以下のときの天気
  • 晴天とは、気象庁は明確に定義してないので、自分がいい天気だと思ったら晴天でOK

以上が、「快晴・晴れ・晴天の違いを解説します」でした。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました