降水確率50%は雨が降る?傘がいる?解説します

気象

こんにちは!のぶやんです。

天気予報の降水確率50パーセントって雨が降るのか降らないのか?傘がいるのかいらないのか?どっちなの?って方に向けて解説します。

のぶやん
のぶやん

僕の簡単なプロフィールです。

  • 気象予報士
  • 家族だんらんが好き

[ad]

降水確率とは?

そもそも降水確率ってなんなのでしょう?

降水確率とは、予報している時間帯に1ミリ以上の雨または雪が降る確率を言います。

それを0~100パーセントまでの10パーセント刻みの確率で表されています。

それで降水確率が50パーセントだった場合は、50パーセントの予報が100回発表された時に、そのうち50回は1ミリ以上の雨(または雪)が降るということ(反対にいえば残りの50回は降らないってこと)になります。

降水確率があがればあがるほど1ミリ以上の雨の確率が高くなるというわけです。

1ミリ以上になると大体の人が傘をさすくらいの雨になるので、傘がいるかどうかの目安ってことでいいとかな思います。

ああと、降水確率が高くなるからといって大雨の確率があがったり雨の量が増えたりするわけではありません。

あくまで1ミリ以上の雨の降る確率がどれくらいなのか?ってことになります。

降水確率50パーセントは雨が降るの?傘がいるの?

降水確率を解説してきましたが、じゃあ降水確率50パーセントだったら実際雨が降るか?傘がいるのか?ってことですが、僕なりの結論からいえば降水確率50パーセント以上だったら雨が降る可能性が高いので傘をもっていきましょうとなります。

なぜ降水確率50パーセント以上だというのかというと、僕が気象庁の天気予報をみていると降水確率50パーセント以上になっていると天気予報で雨マークを付けていることがかなり多いためです。

このため気象庁の予報官は雨が降る可能性があるよ~っていうのを雨マークと降水確率50パーセント以上として教えてくれていると僕は考えています。

実際の天気予報をみてみましょう。

長崎県の天気予報をもってきました。

天気予報だと1日は昼過ぎから夕方は雨の天気予報になっていて雨マークがついています。

さらに降水確率予報は6時間ごとに確率を表していますので、昼過ぎ~夕方にあたる12~18時の時間帯で降水確率が50パーセントになっています。

同じ日の新潟県の予報もみてみましょう。

この日は一日中雨予報で降水確率も50パーセント以上になっていますね。

ってことで、50パーセント以上で雨マークもついているのでその時間帯にお出かけする際は雨が降りそうなので傘が必要になりそうだよってことになります。

ちなみにこの日の雨は1ミリ以上の雨だったのか?っていうと全国的に秋雨前線が停滞していて広い範囲で雨で、長崎県も新潟県も雨で傘が必要そうな天気でした。

天気図と16時頃の雨のデータ画像を載せておきます。

天気予報は未来のことなので絶対はないので、どうしてもハズレちゃうことはありますが一つの目安にしてもらえたらいいのかなと思います。

まとめ

今回の内容についてまとめました。

まとめ
  • 降水確率とは予報している時間帯に1ミリ以上の雨または雪が降る確率
  • 降水確率50パーセント以上だと雨が降る可能性が高いので傘を持っていくのがいい
  • 降水確率50パーセント以上になっていると天気予報で雨マークがついていることがかなり多いから

以上が、「降水確率50%は雨降るの?傘がいるの?解説します」でした。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました