天気・天候・気候・気象の違いを解説します

気象

こんにちは!のぶやんです。

今回は、天気・天候・気候・気象の違いについて解説していきます。

のぶやん
のぶやん

僕の簡単なプロフィールです。

  • 気象予報士
  • 家族だんらんが好き

[ad]

天気とは

天気とは、ある時の大気の状態のことをいいます。

もっというと観測したときの気温、湿度、風、雲量、視程、雨、雪、雷などの気象に関係する要素を総合した大気の状態のことです。

気象庁では、天気を15種類にわけて目視観測しています。

一覧だとこんな感じです。

天気番号記号天気説明
1快晴の記号快晴雲量が1以下
2晴の記号雲量が2以上8以下
3薄曇の記号薄曇雲量が9以上で,巻雲,巻積雲,巻層雲が見かけ上最も多い状態
4曇の記号雲量が9以上で,高積雲,高層雲,乱層雲,層積雲,層雲積雲,積乱雲 が見かけ上最も多い状態
5煙霧の記号煙霧煙霧,ちり煙霧,黄砂,煙,降灰があって,そのため視程が1㎞未満になっている状態又は視程が1㎞以上であって全天がおおわれている状態
6砂じん嵐の記号砂じん嵐砂じんあらしがあって,そのため視程が1㎞未満になっている状態
7高い地ふぶきの記号地ふぶき高い地ふぶきがあって,そのため視程が1㎞未満になっている状態
8霧の記号霧又は氷霧があって,そのため視程が1㎞未満になっている状態
9霧雨の記号霧雨霧雨が降っている状態
10雨の記号雨が降っている状態
11みぞれの記号みぞれみぞれが降っている状態
12雪の記号雪,霧雪又は細氷が降っている状態
13あられの記号あられ雪あられ,氷あられ又は凍雨が降っている状態
14ひょうの記号ひょうひょうが降っている状態
15雷の記号観測時刻の前10分間に雷電又は雷鳴があった状態
注 観測者による観測で該当する天気が複数存在する場合は、項番の大きい方を優先する。

天候とは

天候とは、天気よりも期間が長く5日とは10日とか1か月くらいの期間の平均的な大気の状態のことをいいます。

天気と天候と中間的な概念といて使われることが多いです。

気候とは

気候とは、天候よりもさらに長い長期間のことを語るときに使われる言葉です。

1年周期で繰り返されるある場所に特有の大気の状態の傾向のことをいいます。

例えば日本でいえば、春夏秋冬と四季があり、春と夏の間には梅雨の時期があったり、夏~秋には台風がやってくるなどのイベントもあったりするのが日本の気候といえます。

ほかの例をだすと、赤道付近の低緯度の地域だったら1年で雨季と乾季がはっきりしてるといった傾向のことになります。

気象とは

気象とは、大気の状態と大気中で起きる様々な大気の状態や現象のことをいいます。

大気の状態とは気温や気圧、水蒸気の量などのことをいい、変化することで様々な気象現象が生じることになります。

まとめ

今回の内容についてまとめました。

まとめ
  • 天気とは、観測したときの気温、湿度、風、雲量、視程、雨、雪、雷などの気象に関係する要素を総合した大気の状態のこと
  • 天候とは、天気よりも期間が長く5日とは10日とか1か月くらいの期間の平均的な大気の状態のこと
  • 気候とは、1年周期で繰り返されるある場所に特有の大気の状態の傾向のこと
  • 気象とは、大気中で起きる様々な大気の状態や現象のこと

以上が、「天気・天候・気候・気象の違いを解説します」でした。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました