世界で最も雪が降る都市ベスト10を紹介します

気象

こんにちは!のぶやんです。

今回は、世界で最も雪が降る都市はどこなのか?ベスト10を発表していきます。

日本の都市はランクインしているのか早速見ていきましょう。

のぶやん
のぶやん

僕の簡単なプロフィールです。

  • 気象予報士(福岡)
  • 家族だんらんが好き

[ad]

世界で最も雪が降る都市ランキングベスト10

世界で最も雪が降る都市ランキングベスト10については、アメリカの気象会社AccuWeatherが発表しています。

ランキングに選ばれた都市は、人口が10万人以上という条件で選ばれています。

また世界中で雪の深さの記録が異なっていたりして、一部の情報は入手できなかったみたいです。

ランキング結果はこちらです。

順位国名都市名年間降雪量(センチ)
1位日本青森市792
2位日本札幌市485
3位日本富山市363
4位カナダセントジョーンズ333
5位カナダケベック315
5位アメリカシラキュース315
6位カナダサグネー312
7位日本秋田市272
8位アメリカロチェスター251
9位アメリカバッファロー241

1位青森市、2位札幌市、3位富山市となりベスト3を日本が独占していました。

とくに青森は年間降雪量が圧倒的ですね。

やっぱり日本海側の地域の雪の降り方は世界的にも相当すごいということがわかりますね。

日本は世界有数の豪雪地帯

日本は、世界でも有数の雪国で国土のおおよそ半分にあたる51.4%の地域が豪雪地帯に指定されています。

豪雪地帯とは、冬にめちゃくちゃ雪の積もるところのことです。

その豪雪地帯に約2,000万人の人が生活を営んでいます

これは世界でみても豪雪地帯にこんなに人が住んでいるのは珍しいことなんです!

大雪になる都市の特徴は?

大雪になる都市としてランクインした都市の気候の特徴がいくつかありますので見ていきましょう。

  1. 気温が低い
  2. 寒波が流れ込みやすい
  3. 海や湖に隣接している

1つ目は気温が低いことです。

今回ベスト10にランクインした都市は、どこも緯度の高いところに位置しています。

日本でいうと北日本から東日本くらいで日本でも緯度の高いところです。

このため気温が低くなります。

2つ目は寒波が流れ込みやすい場所であることです。

気象庁の資料だと冬に高緯度で溜まった寒気は、寒波となって日本がある東アジアと北アメリカ東海岸あたりに行きつくとされています。

大雪となる都市ベスト10をみると、日本以外のアメリカやカナダの都市は、アメリカ東海岸あたりに集中していますよね。

3つ目は海や湖に隣接していることです。

日本で大雪になる場合だと、日本海は黒潮から分流した暖流がながれています。

暖かい日本海に、先ほどいった冷たい寒波が流れ込んできます。

イメージだとお風呂場の湯舟みたいに、もくもく蒸気が立ちます。

これが雪雲を作り日本海側の地域に大雪をもたらします。

同じように今回ランキングされているカナダの都市(セントジョーンズ・ケベック・サグネー)も海や湖が近いです。アメリカの3都市(シラキュース・ロチェスター・バッファロー)は五大湖付近となっていて日本海側と同じような雪の降り方になります。

ちなみに、ほかの地域でいうと北欧のスカンジナビア半島やアンデス山脈南部も日本海側のように雪が降りやすいといわれています。

まとめ

今回の内容についてまとめました。

まとめ
  • 世界で最も雪が降る都市ランキングのベスト3は日本が独占している
  • 日本は世界でも有数の豪雪地帯で、豪雪地帯に人が沢山住んでいるのは世界的にも珍しい
  • 大雪になる特徴は「気温が低い」「寒波が流れ込みやすい」「海や湖に隣接している」

以上が、「世界で最も雪が降る都市ベスト10を紹介します」でした。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました